オン草紙ブログ On草子ブログ OnZoshi-Blog オンゾウシブログ On草紙ブログ おんぞうしぶろぐ

安倍昭恵さん 国のために離婚はどうですか?

 連日、メディアの馬鹿騒ぎにうんざりしているのは私だけではないだろう。森友学園騒動である。何も情報を持たないし、ろくな報道も無い中で、真実を見極めることは難しいので、以下はあくまでも仮定の話である。

 要するに、財務省と大阪府の役人(官僚)達が、右翼の顔をした悪党に、まんまとのせられたと言うことなのだろう。現時点での問題の本質は、大阪府と財務省がそろって、役所仕事とは思えないすばらしいチームプレイで、森友の学校開校に力を発揮したという点にある。

 ここには政治家の口利きをどうしても作り出したいメディアと政治家、さらには政権側でも反安倍を狙う政治家、さらには安倍政権を終わらせたい官僚などが、複雑に絡み合っているのかも知れないが、詳細は闇の中である。では仮に、政治家の働きかけや圧力が無かったとしたならば、なぜこんな事が起きたのかと言うことになる。そこには、それこそ集団農耕気質の典型でもある役人の意識が見えてくる。


 場の空気を読むとか、忖度するとか、上の人間によく思われたいとか、すでに日本人の気質として、一般でも取り上げられている事柄がその中身だろう。両方の役人は、相手の役所が認めるというのだから、まず責任問題は出ないだろうと考える。そこに、現職の総理大臣夫人の名前が持ち出されたならば、これはもう黙って、話を進める行動をとるのは、集団農耕型気質の典型的な反応である。

 会社、とりわけ大企業や官僚的な企業においては、同じような社員の反応はごく当たり前に見受けられる。企業の不祥事において、上層部の人間が指示などしていないと怒るが、それ自体はある種の事実なのである。けっして、言葉に出して指示などしない。だが、言わなくてもわかるだろうという暗黙の圧力をくわえるのが、こういう企業の経営者・管理職である。役人の場合、さらにこの暗黙の圧力すら必要がない。その位うまくたちまわれなくては、官僚組織での出世は望めないからである。


 こういう日本人、とりわけ官僚の気質を詐欺師並みにうまく利用したのが、今回の騒動の本質なのでは無いだろうか。そして、その大元が、安倍総理夫人の軽率のそしりを免れない行動ということになる。何がいけなかったのかと言えば、こういう類いの人間を見極める、本質を見抜く人間観察力が全く無かったということだろう。安倍総理夫妻は、私から見たらうらやましいばかりの有名で金持ちの系譜に連なり、おじょうさん、おぼっちゃんである。そのことは、人間として人柄の良さにもつながるのだが、悪い奴にはだまされやすいのも確かであろう。

 それにしても正直なところ、保守派を自認するような人々が、なぜかくも簡単に右翼的な言動の人間にだまされるのか、正直よくわからない。周囲(社会)がマスコミをはじめあまりにも反保守的な世界のために、たまに自分たちと同じ考え方を持つと思う人間達を、簡単に信じてしまう傾向が見受けられるようだ。彼女もそうだったのだろう。だが教育勅語をそのまま暗唱させるような学校に、講演に行ったり名誉校長になったりは、いかに票田を考えたとしても、軽率である。報道でしか人物は知らないが、やはり総理夫人は、どこかズレているところがあるように感じられて仕方が無い。一部の週刊誌では傲慢だと書かれているようだが、そうでは無くやはり世間知らず、人の痛みがわからない所があるのだろう。


 この際、自らこの問題について、自分がよかれと思ってした行動が、今回の件で利用されたおそれがあり、夫には何ら関係が無い、これ以上迷惑を掛けないためにその責任をとって離婚する、と発表されてはいかがだろうか?昔のサムライの奥方は、夫の邪魔をしないために、あるいは公のために、自らの身を処した物である。夫の足手まといにならないようにと、自害した奥方ですらいるのだから。


 もし、夫婦が本当に愛し合い信頼しているのであれば、一時の別れなどさして問題ではあるまい。安倍総理が総理や議員を辞めた後に、お互いの気持ちがあれば再婚でも何でもすれば良いのだ。婚姻届など、心の絆には関係が無いはずなのだから。

 むろん、彼女だけで無く、大阪と財務省の役人にも、張り切りすぎたのかも知れないことは認めて欲しいが。


 この事件、ニュース女子でも、背後関係が怖くて発言できないという人もいた。私もそう感じる。だが、今はそこまで立ち入るよりも、日本の安全保障のためにも、まともな政治をやってもらうのが先であろう。それにしても、悪党のお先棒を担ぐ輩に踊らされ、迎合するだけの愚かなメディアは、ある意味で官僚よりも始末が悪いだろう。それでも、さすがに少しずつまともな発言も出始めていると期待しておこう。


 安倍昭恵さん 国のために離婚はどうですか?

平成29年3月17日(金)

<追>夫のために妻の犠牲を強いるのは、女性への差別だという意見が想定されます。そんなつもりは毛頭無いことは、あらためて言うまでも無いことですが、念のために申し添えます。今回がそういう関係だっただけで、女性総理の夫が同じ騒動を起こせば、同様に発言していたでしょう。
秋山鷹志