オン草紙ブログ On草子ブログ OnZoshi-Blog オンゾウシブログ オン草子ブログ おんぞうしぶろぐ
令和元年6月25日(火)
[ニュースから] ついに日本の安保の転換点が来た  [安保]

 アメリカのトランプ大統領が、世界中を揺り動かしている。世界的な地殻変動は日本も他人事では無いにもかかわらず、相変わらず脳天気な政治家と日本国民。

 米中の覇権争い、アメリカとイランの闘い、アメリカの北朝鮮との核取引など、日本が巻き込まれている多くの安保問題があるにもかかわらず、政治もメディアも相変わらずのバカさ加減である。そこに、さらにトランプが直接日本について言及を始めた。

 ホルムズ海峡の通航において、なぜ日本の船舶をアメリカが無償で守らなければならないのか、自分の船は自国で守れと、ツイッターではっきりと発言した。さらに側近の数名の話として、トランプが日米安保条約に不満を持っていて、破棄する考えがあると述べているとか。最大の理由が、昔からアメリカにある安保ただのり論のようだ。つまり、日本が攻められたときには、アメリカが助ける義務を負うが、アメリカが攻められても日本に助ける義務がなく、全く不公平な条約だというのである。

 アメリカが日本を助けるとは限らないという点については、私は「 常識の毒 」でかなり以前から触れてきたが、いよいよ現実の課題として日本人に突きつけられたことになる。

 それでもなお、このまま反日勢力や平和原理主義による日本封じ込めを認めたままでいれば、早晩、周辺の反日国に侵略される事になろう。それでなくても、すでに相当に侵略されてしまっているのだが、より目に見える形で起きてくるだろう。

 もはや、憲法改正などと甘いことをやっている余裕さえないのでは無いだろうか。現行憲法でも自衛権は妨げられないというのだから、この自衛権に訳のわからない制約をはめている現状を早急に是正すべきである。つまり、憲法条文にどうあろうとも、自衛の手段はいかなる制限も受けないと、明言すべきなのである。これこそが、いまできる最大の抑止力である。安倍総理は、現実主義者というのなら、この重要性を理解出来るはずなのだが。

 平成は日本と日本人の劣化、衰退の時代であった。令和は激動の時代である。これが明治維新のように改革の時代になるか、それとも完全なる衰退や自滅の時代となるか。もはや、先送りなどあり得ない時がきた。

令和元年6月25日(火)

民話
秋山鷹志