烈風
日本改革私案  【時代の風・ブログ】【軍事・安保・人材】
 真のミサイル防衛はミサイル保持のみ
昨日の朝、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射し、あろうことか、それが日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。

北朝鮮は今日になって潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)だと発表した。おまけに韓国は厚顔無恥というか、GSOMIAを破棄しておきながら、まだ有効期間中だから情報をよこせと言ってきた。それに応えて情報を簡単に渡す日本もどうかしているとしか言いようがない。まだ期間中だからなどと言う馬鹿げた杓子定規な行動を取るのは、日本の集団農耕型気質の欠陥がまたも現れたのだろう。だが、今はその話しではない。

ここ一連のミサイル発射、特に今回のEEZ着弾は多くの課題をさらけだした。だが相変わらず脳天気な国民と政治家である。偏向したメディアはさておき、もはや対抗措置を取るのに一刻の猶予も無い事を、どれだけの政治家が自覚しているのだろうか。一連の政府の動きを見ていると、右翼と呼ばれる安倍政権であるが、他国のリベラルよりももっとおとなしいというか、無反応としか見えてこない。憲法改正をしない限り、真の対応が取れないという言い分もわからないではないが、まず今すぐ出来る事はかなりあるだろう。

政治家が過去に、自ら(日本国民)の手足をがんじがらめに縛ってしまった、安全保障上の歪みを全て正すことこそ、今すぐにやるべきことである。

・ミサイル防衛で敵のミサイルを打ち落とすのに、領土領海に着弾しなければ打ち落とせないという制約を課している。今回のようにEEZに打ち込まれても、それを打ち落とせないのである。大和堆(やまとたい)に落としてきたのは、すでにここを自分たちの領海だと宣言している北朝鮮のあからさまな侵略行為の一環であろう事は、常識ある人間ならすぐにわかるはず。竹島の二の舞になっても良いのだろうか?

・日本は防衛用の兵器のみ所有し、攻撃兵器は米軍に頼ると言い続けている。そのアメリカの大統領が、自国は自分で守れ、短距離ミサイルは自分たちで対応しろと明言しているのである。そもそも兵器に防御と攻撃の区別など存在しない。バカな日本の政治家達が世界の物笑いになりながら、そう発言しているにすぎない。
 包丁ひとつでも、そのままなら料理用の道具であるが、強盗に使えば立派な攻撃用武器であり、襲われたとき自衛に使えば、防御用武器となる。包丁はいったいなんだ!こういう馬鹿げた机上の空論を重ねている間に、反日勢力は、日本攻撃能力を完全に備えてしまった。

・今回のミサイルは短距離と言うが、ロフテッド軌道と呼ばれる真上に高く打ち上げる方式で発射している。これは、迎撃を困難にさせるだけでは無い。真上でなくそのまま飛ばせば、悠悠と日本本土に届くのである。それを誇示している。河野防衛大臣もまっすぐなら2500k飛ぶと明言している。

・SLBMもどこから飛んでくるかわからないので、脅威が増すのだが、それ以上に問題なのは、最新のミサイルは迎撃されないように、わざと自分で飛ぶ方角などを変えることが出来るようになっていることである。つまりミサイル防衛システムが、確実に有効だとは言えないのである。確実なのは、敵基地やミサイル施設(潜水艦なども含む)を攻撃することのみである。それなのに、敵基地攻撃は攻撃兵器だからダメだと?死にたい日本人だけ、そう言っていれば良い。我々を巻き添えにするなと言いたい。


他にも実に多くの問題があるのだが、取りあえず、今回の提案を述べよう。

いますぐに、防衛用とか攻撃用などと言う馬鹿げた区分をやめること。そのうえで、敵と同じ性能のミサイルをただちに保持することである。自国開発を進めながら、当面はアメリカから購入すれば、トランプ大統領は大喜びするだろうし。

これらは、現行の憲法においても許される自衛手段だと認められている。にもかかわらず、政治家や官僚そして多くの脳天気な国民が、自らの手足を縛っているのである。強盗に入られて、わざわざ縛られる縄を差し出しているのだ。あきれて物も言えない。


(追)短距離ミサイルは問題としないと明言していたさすがのトランプも、SLBMだとアメリカ本土も射程に入るため、なんと発言するのか。今のところ沈黙を守っている。来年の大統領選挙用に合意がほしいと、足下を見られたまま会談しても、成果は得られないのでは無いだろうか。さてどうするトランプさん。


令和元年(2019)10月3日

居候
秋山鷹志 オン草紙へ 烈風飛激へ

copyright© all rights reserved.