On草子
紅菊



野たれ死にのすすめ

   他人(ひと)に恥じることなく    大空に 恥じることなく    大海原に 恥じることなく    大地に 恥じることなく    野たれ死にをしたのなら    この世の誰からも 認められずとも    穏やかな賞賛と    やすらぎが待っている    まばゆいばかりの光のなかで    自ら命を絶つ 蛮勇があるのなら    そこから逃げ出すことなど たやすいことだ    顔をしかめて通り過ぎる    よこたわる身体を見てみぬふり    軽蔑とあざけりの中    行きだおれてもよいだろう    誰にも恥じることなく    命のすべてを 燃やし尽くしたのなら    路傍にたおれ 朽ち果てても    負け犬 落ちこぼれ 人のカス いくじなし    此の世の あらゆる罵倒の言葉    倒れた身体に降り注ぐ中    いきだおれてもよいだろう    生きてるすべてを尽くしたならば    路傍にたおれ 朽ち果てても    疲れた身体 凍えた心    首にロープを巻くのなら    口にガス管くわえるのなら    その身を崖に落とすのなら    疲れた身体ひきずって    疲れた心を引きずって    野たれ死にをすればいい    自分で作った命なら    自分で壊して かまわない    天がくれた命なら    果てるまでは 天のもの    人の世に お金も地位も名声も    死に行く身体に すべては虚(むな)し     ただ 夢に出てくる春の淡雪    ならば 野たれ死にも悪くない

2012.04
秋山鷹志 On草子へ戻る 紅菊へ戻る

無断コピー・転載厳禁   Copy Right 2012 Akiyama Takashi All Rights Reserved