On草子
エッセー

IT 日本が欧米に勝てない理由(わけ)
  東洋出版 1543円(税込)

ISBN:9784809675157

通信を中心としたIT業界、それも外国資本が入った会社に、長い間勤めていました。そこでは、いつも、なぜ日本はこのITの世界(とりわけソフトやサービス)で欧米のレベルになれないのか、と考えていました。その一方、趣味で、日本人や日本についてのいわゆる文化論を書いてみたいと思い、そのためのメモを書き留めていました。
そこで、自分の日本文化論をITという具体的な世界にあてはめても通用するのかどうか、そんなことを確かめたくなったのが、はじまりです。

小説風の描写で具体的な場面を楽しんでもらい、その後に解説を付ける形にしました。これなら読みやすいかと思ったのですが、それでもまだ少し記述が重たかったようです。
文化論にこだわり過ぎて、どうしたら欧米企業に勝てるのかという点が、説明不足だったかもしれません。

反面、解説はもっと過激な内容でもよかった、とも言われました。
ぜひ、皆さんのご感想をおきかせください。

紀伊国屋書店アマゾン をはじめとするオンラインブックショップでは簡単に購入できます。

国立国会図書館図書検索NDL−OPACで、出版物の検索ができます。
ISBNが付けられた書籍は原則的に、国立国会図書館の蔵書に収められます。

サンプル

「ミスター」と呼んではいけない

仁が勤めている会社は、いわゆるグローバルな外資系企業である。なかでも欧州は、歴史的にみて植民地を海外に持っていた国も多く、それらの国々の企業には、かつての植民地に海外子会社を持つ企業も数多い。これらの会社では、本社のトップが、世界中の関係子会社を定期的に回るようなこともめずらしくはない。

(略)
(いらした)仁は立ち上がって、精一杯の笑顔を作りながら、彼が近づいてくるのを待った。お偉いさんは、お供の人から彼の紹介を聞きながらも、顔はまっすぐにこちらを向いて、笑顔でその手を差しのべて来た。少し離れた場所から、カメラがこちらを狙っているのが目に入った仁は、さらに緊張しながら、声を発した。
「ミスター○○」

               「IT日本が欧米に勝てない理由」より


秋山鷹志

無断コピー・転載厳禁   Copy Right 2012 Akiyama Takashi All Rights Reserved