くくり
くくりと撞着 ~見えざる檻の囚人~

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。

ASIN: B0BC4374LK  価格700円。(税込み)


   企業や組織など集団のくくりに強く執着(撞着)するのは、日本人気質の特徴のひとつです。これが行き過ぎると、縦割り行政や、縄張り意識、不正隠蔽、政財官癒着など様々な社会問題を引き起こします。その中身を詳細に見たのが本書です。また、最近話題になっている「認知領域での戦い(認知戦)」と、このくくりとの関係を「日本を覆う歪んだ思考のくくりと認知戦」として取り上げました。

 警官が覚せい剤、ひき逃げ、被害届け破棄、ねこばばを、農協が有毒な農薬の販売、産地偽装をする。生協、会社社長や会長が横領を、証券取引所が架空取引を捏造する。弁護士や検察官が犯罪をし、教師が生徒にわいせつ行為をする。
 長年にわたる企業内の不正隠蔽、省庁間の縄張り争いによる問題の深刻化、いじめによる生徒の自殺問題での教育委員会・学校等の隠蔽、母親による子供への虐待死事件など、多くの社会的な出来事も、くくりへの撞着という視点で見るとよくわかることがあります。そして当事者達は、自分がそのくくりに囚われていることに、案外気づかないのです。見えざる檻のくくりに囚われている囚人なのです。そのなんと多いことか。あなたもその一人かもしれません。

 所属する組織や集団に対して帰属意識を持ち、時に愛着を持って大切にする心は、取り立てて珍しいことでも、日本人特有のことでも有りません。ですがそれも限度を超えると、多くの問題が生じてきます。日本人の大半を占める集団農耕型気質においては、このくくりへの撞着傾向が非常に強いのです。それが日本社会において様々なゆがみやひずみを生み出しているのです。これが理解されれば、停滞したままの日本社会も少しは変われるはずです。

 さらには、戦後作られたリベラル思考くくりからいまだに抜け出せないでいる、日本への危機感を共有してください。

第一章 くくりとは 撞着とは
第二章 日本人の気質との関係
第三章 見えざる檻の囚人(くくりへの病的撞着)
第四章 くくりの変容と撞着の進行
第五章 見えざる檻の囚人(深刻な病的撞着)
     現状維持に走る人達
     集票幻想の族議員達
     生徒の自殺を隠蔽する学校村
     政財官の癒着村
     自殺者の「くくり」
     母親による子供への虐待死事件
     ネット依存症
第六章 社会病理か個人の病理か
第七章 思考くくりへの撞着
第八章 くくり概念で見える世界
補章  日本を覆う歪んだ思考のくくりと認知戦(Cognitive Warfare)




泥棒
泥棒が縄を綯う

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。

ASIN: B0B6DMB4B8  価格680円。(税込み)

「一国二経済制度」の続編とも言うべき、全面改訂版です。 

 経済の停滞から国全体の劣化にまで状況が悪化してしまった日本。利己的な為政者達と脳天気な国民は、危機意識もなく、失われた三十年を無為に過ごしてきました。なぜここまでひどい状況なのでしょうか?半世紀にもわたる地方創生はなぜ失敗続きなのでしょうか?それを端的に言えば、『泥縄』よりもひどい『泥棒が縄を綯う』、つまり泥棒に縄を作らせているからです。これでは日本再生など起きようもありません。では具体的に何をどうすれば良いのでしょうか。過去の失敗をふまえて、国民性に合わせたやり方を提案しています。それがグローバリズムとは別の、地方の内需振興策ですが、根本的な改革案ではなく、即効性のある具体案を網羅しています。

 「高度な二経済制度(A2)」(Advanced and 2 economic systems)こそ、日本が生き残りをかけた最後の方法です。
 A2企業(個人事業主も)とは、男女間、正規・非正規間給与格差の禁止、最低年棒360万円などの条件を満たす企業です。やる気のある人達に、様々な分野でA2企業を起業してもらいます。実現を可能にする方法についても述べています。またA2地域やA2企業の新しい姿を描いています。

 グローバリズム一辺倒の時代はすでに終わりを告げています。一国二経済制度とでも呼ぶべき政策が、今求められているのです。やる気のある人達が活躍できる場を各地に設けて、小さくてもその地域から進めていきます。A2企業だけに集まってもらい、新しいA2地域を作っていきます。今すぐに実行可能で、日本再生(地域振興)につながる事業の具体案とその実施方法について、国側と地域側の役割なども詳しく述べています。また所得倍増が夢物語でない理由、地方特区の失敗原因なども合わせて解説しています。
 世の中には関連著作も多いのですが、具体的な解決策が欠けているように思います。本書では、そこを中心に述べています。これ一つで日本が変わる山岳経済政策も。

 この本の隠れた主題は言うまでもなく政治改革です。半世紀にも及ぶ地方へのバラマキは、未だにやみません。総理が替わるたびに看板を付け替えて、ひたすらバラマキを続けています。そんな政治家達を選び続けているのもまた(私を含めた)日本国民なのだと自覚して欲しいのですが..。


第一章  泥棒が縄を綯う
第二章  一国二経済制度とA2
第三章  過去の失敗の原因と対策
第四章  A2ガイドライン
第五章  A2企業ガイドラインと新しい企業像
第六章  防災省・情報省関連の振興策
第七章  エネルギー関連の振興策
第八章  防衛・安保関連の振興策
第九章  食料自給・食育関連の振興策
第十章  その他の振興策
第十一章 抜本的改革への道

 


夢幻の道"
夢幻の道

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。

ASIN:B092766B5K  価格550円。(税込み)


第二版を出しました。

この本は和歌を中心に随筆を加えた、新しいスタイルの和歌随筆とでも呼ぶ作品です。
 日本には古代から多くの英雄が生まれてきました。英雄の多くは、同時に悲劇の主人公でもあります。ヤマトタケルは、まさにその代表的な人物の一人でしょう。東征物語を中心にして彼の生涯を追いながら、彼の気持ちになり、新しく77首の歌を詠んでみました。「代詠ヤマトタケル」と呼べるでしょうか。

 皆さんもヤマトタケルの気持ちになって、一緒に歌を詠んでみませんか。

   詔勅 命奪いし 兄なれど 恨みも絆も なきぞ悲しき
   波無くも かすかに寄せる 磯の香の 入り江の近き 人のざわめき
   寂寥の 影すら紅き 山裾に 聲とてなけり 秋の夕暮れ

 天皇の皇子という高貴な身分に生まれながら、父親に疎まれ過酷で危険な任務を命ぜられます。それでも周囲の人々、とりわけ多くの女性たちに助けられながら、精一杯に生きて行きます。しかし最後は、悲しい非業の死が待っていました。死んだのちもこの世への未練なのか、それとも愛する人たちへの最後の別れを告げるためなのか、白鳥となって大空に飛び立っていきます。そんな彼の苦難と感動の旅路を、共に巡ってみませんか。

 ヤマトタケルに代わって彼の心情を詠んだ歌が、どれほど皆さんの感性に訴えかけられるかはわかりません。それでも皆さんの心の奥底に眠っている感性を、少しでも呼び覚ませればと思います。なお、ヤマトタケルが詠んだとされる歌を取り上げて解説することは、ほとんどしていません。それは専門家にお任せします。あくまでも創作和歌が主体です。


和暖流"
和暖流

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。

ASIN:B09QS78QDK   価格700円。(税込み)


時代を超え 流れ続ける 和歌心 永遠の生命を 明日に伝えん(はじめにより)

ふとしたときに口ずさむ和歌は、日本人の感性の現れでしょう。天才歌人の柿本人麻呂など先人達には遠く及ばないまでも、日々の暮らしの中で感じたことを言の葉に載せ、過去からとうとうと流れ続ける和暖流にそっと浮かべてみました。

この歌集「和暖流」は、歌集「赤鳥居」以降に詠んだ和歌で、残っているものを117首ほど拾い集めたものです。「和暖流」「若竹」「雨水」の各章からなります。

概ね詠んだ月日の新しい順になっていますが、同じページ内にまとめてある歌は、同じ時に詠んだか、ひとかたまりの作です。また各歌に付けた解説の「です・ます調」が不統一ですが、詠んだときの気分を反映していますので、できるだけそのままにしてあります。ご了承ください。

コロナ禍で 活気が消えた 年の瀬を 休む間もなく アマビエはしる
薄衣 透けし乱れの 花模様 散らせし君の 知るよしもなく

皆さんも日常にふと感じた気持ちなどを、是非詠んでみてください。心がなごむと思います。


一国"
一国二経済制度~地域振興具体案~

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。
図がある為、横書きにしています。カラー端末でお読みいただくことをお勧めいたします。

ASIN:B094MS2D51   価格500円。(税込み)


未来の産業や新技術の本ではありません。本当に地域振興というか内需が動き出すためには、何をどうすれば良いのか、より具体的な案を述べてみました。
過去の失敗の原因、特区成功の条件と導入方法、さらに「防災省と情報省」「一つで日本が変わる具体策」「海上保安庁 巡視母艦群の建造」「バイオマス発電」「海洋観光」「VTOL/STOL機」まで、盛りだくさんに書いてあります。あ、「総理大臣専用の理由」「新所得倍増が夢物語でない理由」も。

堅い話、ドロドロした人間の醜さをかいくぐっての話、それらを寝ながら読めるものにしてみました。退屈なときの暇つぶしや寝られないときの睡眠薬代わりに、是非ご活用ください。ひたすら具体案を何の脈絡もなく、思いつくままに書いていますが、時々遊びの図があるので、横書きにしました。

日本改革私案シリーズの1冊目ですが、本体部分の書籍はまだなくホームページ「オン草紙」に残骸が一部残っています。


歪んだ
歪んだ人達

現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。
グラフ等がある為、横書きにしています。画像が入っていますのでカラー端末でお読みいただくことをお勧めいたします。

ASIN:B088GXZ7XT   価格500円。(税込み)

「劣化の平成」時代に大量増殖した、困った人達、歪んだ人達、腐った人達。
企業や役所など組織の中ではびこる不正や犯罪。セクハラ、パワハラ、アカハラ、暴力、無視、隠蔽、ごまかしなどの不祥事を起こす人達。特殊詐欺に荷担し、バイト感覚で凶悪犯罪に手を染める人達。学校はいじめが蔓延し、隠蔽と責任逃れを組織をあげてやる人達。国益より省益の官僚、国民より議員バッチの政治家達。平気で自国や自分たちを貶める腐った人達。 これら人格障害症候群とでも呼ぶべき人達を、大量発生させた集団農耕型気質の恐ろしさとは。さらに、NHKの大罪とは、安倍総理の失敗と気質とは、少子化等、盛りだくさん。 以下は目次の一部です。

第一章 「劣化の平成」時代と現状認識
 「日本はすごい」はすでに幻想
第二章 日本人の気質
 右であれ 左であれ 同じ気質から
第三章 集団農耕型気質の欠陥的特徴
 くくりと撞着/くくりへの病的撞着
 危機感の欠如と危機管理の欠落
 外来崇拝(欧米崇拝)
 騙されやすい/操られ易い気質
 極端に走る/両価性/二分法的思考(二項択一)
第四章 個々の事象に見る日本社会の歪みと腐った人達
 戦後の歪んだ社会を生んだもの
 日本にはびこる洗脳操作
 利己原理主義者(個人原理主義者)
 日本人の邪魔をするのも日本人
 言霊信仰
 NHKの大罪とは
第五章 少 子 化
 少子化の原因
 フィンランドの少子化
第六章 人格障害症候群
 自己愛と自虐が攻撃に転ずる
 妬(ねた)みと嫉妬
 集団農耕型気質のもつ過剰反応性
第七章 変革の令和へ
 自滅する集団農耕型社会
 孤高武士型気質への目覚め
補章
 安倍総理の失敗と気質とは
 演歌でわかる日本語力の劣化


居候

小説「居候の夢」   幻冬舎 770円(税込み)
ISBN978-4-344-92475-8

サイバーロボの居候と若いカップルが織りなす、SF純愛小説です。
笑いあり、涙あり、物語の展開が早いので読み飛ばさずにお楽しみください。   
文庫版サイズは、手軽かつ安価。

全国の書店の他、アマゾンなどのネットでも購入できます。


ここに詳しい紹介サイトがあります  


気質

日本人の気質と歪んだ社会 ~人格障害症候群~

 現在の日本には人格障害症候群とでも呼ぶべき人達がいます。失われた30年は、経済だけで無く日本人の心も劣化した時代です。
 子供の虐待死、ブラック経営者、自己保身の官僚、ポピュリスト政治家、詐欺する若者、いじめる子供、無差別殺人犯と心が蝕まれたヒトが多数います。弁護士・医者・警察・教師・福祉・学者等、犯罪者のいない分野が無くなってしまった感も。さらに、政権打倒に狂喜乱舞するメディア、政治家、荷担する異常な人々がいます。嘘もマインド・コントロールも平気で行うテレビ・新聞と政治家に、現状維持だけを目的として群がる多くの勢力があります。

 こんな歪んだ社会が生まれたのも、日本人の気質が原因です。皆で渡れば怖くないと現状維持を楽しみながら、結局は自滅していく集団農耕型気質のせいなのです。これを改革するのは、寂しがり屋なのにサムライだと意地を張る孤高武士型気質の人材です。あなたもパーソナリテイを変えられるので大丈夫!
 歪んだ社会を変える為には、まずは自分たちの気質を正しく理解することから始めましょう。

第一章  気質と性格理論 
第二章  文化と文明
第三章  日本人と日本文化の成立
第四章  くくりと撞着
第五章  日本人の気質構造
第六章  感性の文化と両価性文化
第七章  集団農耕型気質が生む歪んだ社会
第八章  くくりへの病的撞着と社会病理
第九章  人格障害症候群
第十章  日本人気質の時代変化
第十一章 眼前の危機
第十二章 新しい次代に向かって

 この本はホームページで公開していた「日本人の気質」を大幅に改訂したものです。画像が入っていますのでカラー端末でお読みいただくことをお勧めいたします。
現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。 Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。
ASIN:B07FBZ1FGK   価格550円。(税込み)


図―気質

図でわかる日本人の気質

 日本人はどのような気質の持ち主なのか?豊かで繊細な感性は、いつどのように生まれたのか。それが気質とどう関わるのか。さらに、日本人には二つの気質の型、孤高武士型と集団農耕型があります。その違いとはなんでしょうか?日本人という文化集団の成立は、いつ、どのようにして?文化と文明の違いとは?等々。

停滞と混迷が続く日本社会。企業の不祥事、変わらないお役所仕事、教育関係者のいじめ隠蔽、国益より省益の官僚、外来崇拝や自虐史観、改革がなかなか進まない、デフレ脱却が出来ない等々、あらゆる事に気質が絡んでいます。これらが生み出される気質要素を見ていきます。それでも気質に基づく性格や行動様式は変えられます。気質に合う政策と日本人の自覚があれば、行き詰まりを見せる社会も容易に変えられるのです。本書はその事を理解していただく手引き書でもあります。

この本はホームページで公開していた「日本人の気質」から一部を取り出して、簡単な図表を中心にまとめた概説編です。本編は現在改訂中ですが、「補章」「外伝」は公開中です。また70枚以上のイラスト図などが載っていますので、カラー画面それも出来るだけ幅広の端末でお読みいただくことをお勧めいたします。
現在 アマゾンの電子書籍 kindle版  が有ります。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。
ASIN:B06ZY64KLG   価格330円。(税込み)


常識の毒

常識の毒

HPで公開していた作品に加筆・修正を加えて、電子書籍にしたものです。好評だった「主食は米ではない」など15編を収録しました。
・常識の毒とは..
・日本人の主食は米ではない
・「恥の文化」の毒は消えたのか
・日本は男尊女卑の国ではない
・「良いものは売れる」は気質
・教育が貧困を救うという幻想
・そんなもの配達するなョ~!
・被爆・戦争体験の継承はない
・テレビの異様な服装はなぜ
・ドイツは優等生、EUは理想は幻想
・日米安保が日本を守るは幻想
・欧米の価値観は普遍的は幻想
・「暴力が悪」はうそでは
・民主主義は神聖なのか
・軍事技術を軽視すると

アマゾンの電子書籍 kindle版 (販売中)と 楽天のKobo版(販売中止)が有ります。

ASIN:B01DHDWD2Y   価格330円。(税込み)


民話

感性で読むおとなの民話

HPで公開していた作品に加筆・修正を加えて、電子書籍にしたものです。日本人の豊かな感性で読む、大人のおとぎ話です。
以下の七編が 入っています。

  ・不動明王
  ・ちょっとエッチな一寸法師
  ・鬼婆の若返り
  ・龍となまず
  ・鬼面観音
  ・鮒 姫
  ・こっくり地蔵とゴン太の夢

現在、アマゾンの電子書籍 kindle版 が有ります。

ASIN: B01CUOPEHW 価格330円。(税込み)

「おとなの」になっていますが、いわゆるアダルトではありません。
ちょっと色っぽい描写が一部にあるので、そうしておきました。
Kindle専用端末が無くても、無料ソフトを使いPCで読めます。


IT

IT日本が欧米に勝てない理由(わけ)

  東洋出版 1572円(税込)
  ISBN:9784809675157

 通信を中心としたIT業界、それも外国資本が入った会社に、長い間勤めていました。そこではいつも、なぜ日本はこのITの世界(とりわけソフトやサービス)で欧米のレベルになれないのか、と考えていました。その一方、趣味で、日本人や日本についてのいわゆる文化論を書いてみたいと思い、そのためのメモを書き留めていました。
 そこで、自分の日本文化論をITという具体的な世界にあてはめても通用するのかどうか、そんなことを確かめたくなったのが、はじまりです。

 小説風の描写で具体的な場面を楽しんでもらい、その後に解説を付ける形にしました。これなら読みやすいかと思ったのですが、それでもまだ少し記述が重たかったようです。
 文化論にこだわり過ぎて、どうしたら欧米企業に勝てるのかという点が、説明不足だったかもしれません。

  反面、解説はもっと過激な内容でもよかった、とも言われました。
  ぜひ、皆さんのご感想をおきかせください。

紀伊国屋書店アマゾン をはじめとするオンラインブックショップでは簡単に購入できます。

<<サンプル>>

「ミスター」と呼んではいけない

仁が勤めている会社は、いわゆるグローバルな外資系企業である。なかでも欧州は、歴史的にみて植民地を海外に持っていた国も多く、それらの国々の企業には、かつての植民地に海外子会社を持つ企業も数多い。これらの会社では、本社のトップが、世界中の関係子会社を定期的に回るようなこともめずらしくはない。 (略)

(いらした)仁は立ち上がって、精一杯の笑顔を作りながら、彼が近づいてくるのを待った。お偉いさんは、お供の人から彼の紹介を聞きながらも、顔はまっすぐにこちらを向いて、笑顔でその手を差しのべて来た。少し離れた場所から、カメラがこちらを狙っているのが目に入った仁は、さらに緊張しながら、声を発した。

「ミスター○○」


残照

詩集 残照(ざんしょう)

 文芸社 1210円(税込)ISBN:9784835567921

「赤鳥居」と同時に出版した詩集です。どちらも、本にして出すことを予定して書いた原稿ではなく、たまたま書き留めていたものが残っていた、というのが真実です。ま、それだけにかえって自身の内面が露呈しているかもしれません。

当然、私一人の作品ですが、まるで何人かで分担して書いたように、章毎の詩の雰囲気が異なっています。さすが、分裂というか、多重人格というか、変人の面目躍如です。
ただ、非常に難しいといわれて、少しめげました。解りづらい単語があるのかもしれません。逆にやさしい口語詩は、私にはあわないのでしょうか。誰もそれにはコメントしてくれません。どなたかよろしく。

アマゾン をはじめとするオンラインブックショップでも簡単に購入できます。そろそろ、絶版になっているかもしれません。


赤鳥居

歌集 赤鳥居(あかとりい)

 文芸社 1210円(税込)
ISBN:9784835567938

「残照」と同時に出版したのですが、こちらのほうが評判は上々でした。といっても、私を知ってる人たちから見ると、こんなおだやかで、やさしい一面があったのかという驚きの声なのですが。

たしかに、詩集では、どろどろした自己を露呈しているのですが、不思議と歌集には、そういう歌がありません。たんに私の力量不足だとは思いますが。でも、読んでいて、いやな感じがしないのは良いことかと。

アマゾン をはじめとするオンラインブックショップでも簡単に購入できます。そろそろ絶版になっているかもしれません。